企業のIoT化を低価格で簡単に実現できるIoTサービス「Sense Connect」を開発

~SB C&S株式会社とobnizの共同開発、第一弾のサービスはHACCP温度管理~

株式会社obniz(本社:東京都豊島区、代表取締役:佐藤 雄紀、以下「obniz」)とSB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、デバイスやサービスをパッケージにしたセンサーソリューションで、企業のIoT化を低価格で簡単に実現できるIoTサービス「Sense Connect(センスコネクト)」を共同開発しました。

第一弾のサービスパッケージとして、食品衛生管理で活用する「Sense Connect for HACCP(センスコネクト フォー ハサップ)温度管理」を2022年1月18日から提供します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000040376.html

<ニュースリリースに関するお問合せ>
株式会社obniz
E-mail:pr@obniz.com