星野リゾート「最高水準のコロナ対策宣言」—「3密回避」システム導入とその反響 —

星野リゾート「最高水準のコロナ対策宣言」—「3密回避」システム導入とその反響 —

株式会社MAGLAB(本社:高知県高知市帯屋町/代表取締役:武市 真拓、以下 MAGLAB)ならびに、株式会社CambrianRobotics(本社:東京都豊島区/代表取締役:佐藤 雄紀、以下 CambrianRobotics)は、2020年6月以降、星野リゾートが全国各地で運営する『星のや』『界』『リゾナーレ』など大浴場を持つ計24か所の宿泊施設に、大浴場の混雑状況が確認できる独自のIoTシステムとデバイスを提供しました。

日本の観光産業において常に一歩先をリードしてきた星野リゾートは、ウィルス拡散の不安や行動制限でストレスを抱えがちなお客様が安心して旅のひとときを過ごせるように、「衛生管理」と「3密回避」の二軸で対策に取り組んでいます。その一環として、CambrianRoboticsをはじめとするパートナー企業の技術協力の下、星野リゾートとMAGLABが最先端のIoTテクノロジーを活かして共同開発した「3密回避システム(混雑状況可視化システム)」は、導入から約半年が経過する現在も各拠点で活用されています。

コロナ禍において、“NEW NORMAL”、とりわけ「予防・衛生意識」が人々の間で高まるなか、星野リゾートにおけるウイルス感染予防策がどのように開発されたか、そして、お客様から現在どう評価されているのかをご紹介します。

<ニュースリリースに関するお問合せ>
株式会社CambrianRobotics
PR担当:アン
E-mail:pr@cambrianrobotics.com